<< MacでMAMPを使ってPHPの開発環境を構築 | main | WordBench京都 勉強会 >>

MacのローカルにWordPressを入れてみる

2013.08.19 Monday | by こも
前回の「MacでMAMPを使ってPHPの開発環境を構築」のつづきです。



せっかくMac Book AirでPHPの開発環境ができたので、そこでWordPressを動かしてみようと思います。


ローカルで動かすメリットとしては、

・開発中のファイル管理や修正が容易
・バックアップしやすい
・いちいちサーバにアップしなくてもいい

などでしょうか?


さて、さっそく試してみたいと思います。




1. WordPressをダウンロードしてくる

WordPressの日本語公式サイトからダウンロードしてきます。




このブログを書いている2013/08/19の時点では Word Press 3.6が最新のようです。
wordpress-3.6-ja.zipをダウンロードしてきて、MAMPのdocument root(/Applications/MAMP/htdocs)に解凍します。

そしたら、/Applications/MAMP/htdocs/wordpress/ というフォルダが展開されました。




2. WordPressのデータベースを作成


WordPressはMYSQLというデータベースを使うので、その設定を行います。


MAMPで「サーバを起動」します。

「MAMPへようこそ!」ページから「phpMyAdmin」を選択。






phpMyAdminのページに移ったら、次に「データベース」の項目を選択します。





「データベースを作成する」の項目に任意のデータベース名を入力して作成します。

今回はとりあえず「wordpress」にしておきます。






「作成」ボタンを押したら、念のため、「wordpress」というデータベース名が追加されているかを確認します。







3. WordPressをインストール

準備ができたので、WordPressをインストールします。

MAMPのApacheのポートの設定は「8888」になっているので、
ブラウザで「http://localhost:8888/wordpress」にアクセスします。




wp-config.php ファイルが見つかりません。開始する前にこのファイルが必要です。
という意味不明なエラーがでました(T_T)

どうやらこれから、wp-config.php を作成するようです。
「設定ファイルを作成する」で進みます。




どうやらデータベースに関する情報をセットするようです。


「さぁ、始めましょう!」ボタンを押す前に以下の内容を確認しておく方がいいようです。

1. データベース名
2. データベースのユーザー名
3. データベースのパスワード
4. データベースホスト
5. データベースの接頭辞



「MAMPへようこそ!」ページに、MYSQLのユーザ名やパスワードが記載されています。
(設定を変えてない状態だと、両方「root」になっています)




ホスト名は「localhost」。

データベース名は「2.」で作成した任意のデータベース名を設定します。
(今回の例では「wordpress」)

データベースの接頭辞は任意なので、Word Pressを複数インストールしない場合はデフォルトの「wp_」で問題ないと思います。




データベース名: wordpress
ユーザー名: root
パスワード: root
データベースホスト名: localhost
テーブル接頭辞: wp_

これで「送信」です。





「インストール実行」ボタンでインストールが始まります。



そうしたら、おなじみのWordPressのインストール画面にきます。




任意の情報を入力したら「WordPressをインストール」ボタンでインストール完了です。






長々とお疲れまでした。
これでローカル環境にWordPressがインストールできました。

Comment
Add Comment









Sponsored Link
Recommend
PHP 逆引きレシピ (PROGRAMMER'S RECiPE)
PHP 逆引きレシピ (PROGRAMMER'S RECiPE) (JUGEMレビュー »)
鈴木 憲治,安藤 建一,山田 直明,八木 照朗,山本 義之,河合 勝彦
Recommend
Recommend
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM